2008、10月初旬 荒川シーバス

久々に頭を使う事になり、知恵熱でそうな現在。
状況も少々落ち着いてきたので、10月初旬の釣行の記事をば。


と、その前に。

ブログを始めた理由。
去年の8月、居るだろ居るだろ~と3年程暖めた気持ちを爆発させ、1週間連日釣行の苦行の末に釣り上げた40㌢強のシーバス。

深夜の土手で一人小躍りするほどの気持ちを抑えきれず、保育園時代からの釣友へ大興奮で添付ファイル付きメールを送る。
深夜にも関わらずすぐさま返信をくれ、こんな所に居るんだなと、想いを共有してくれた。

その後、釣れる度に、その友人にメールを送っていたのだが、深夜はもちろん、何にしても日没後。
冷静になってくると少々気が引けて、ブログを作るから、ソレを見てくれとメールし、報告をこのブログへと移行。
直後のメールがめんどくさくなったというのも大いにあるのだが(笑

その後はデータ収集の為の記録の意味も持つのだが、今回のように、釣行直後に身動き取れなくなると、日付も潮も覚えていなく、その意味はない。

もっとも、当初の目的である、友人への報告も、本人はあまり見てくれてないようなので、その意味も…(泣

現在は、ジワジワ増えるアクセス数に喜び勇んでおります。
お役にたてるような記事はございませんが、上記の目的が薄れた今、皆様のアクセスには大変感謝しております。
一度土手でお声を掛けて頂いた方も、「もしかして、ブログ書いてません?」と当ブログをご存知で、いやはや、形ばかりのモザイクはやはり意味が無いのだと確信(笑



10月初旬

思いを寄せる潮位は当に過ぎ、新たな場所を求めて、うろうろする事数分。
少し足を伸ばせば、まだ知らぬ良場所と思える所にたどり着き、竿を振るう。

小一時間右往左往しながらキャストを続け、根がかり等しながら過ごすと、足元と言えるほどの近場でHIT!

直後にジャンプ、エラ洗い!
しっかりとフッキングしているようだったので、ランディング体勢を整えるべく、軽くドラグを緩め、少々沖へ走らせる。
初場所なので、水中の地形も分からず、あまり遊ばせるのも危険なので、魚との距離を保ちながら、ランデイングしやすい場所へ移動していると。

ズボッ!

バシャー!!



水深10センチ程の所を長靴で移動していたのだが、片足が膝下まで嵌まる。
突然の落とし穴に体勢を崩し、右手でロッドを持ったまま左手は川中へ。


冷たいとか痛いとかより、魚は!?との思いが先立ったのが幸を相したのか、ロッドにはまだテンションが、三つんばいの体勢でシーバスのヘッドシェイクを交わし、死に物狂いでランディング。

嗚呼、やっぱり神様っているのね。

無信心でごめんなさい。

d0125359_055515.jpg

んーサイズはイマイチだが、何でもうれしい。
頭でっかちガリクソン。
d0125359_0572099.jpg

この日はこの一匹で帰宅

何せ上着ビチョビチョだったしw

そして翌日は平日休みだった為、悩みに悩んで、バス釣りする事に決定。
その記事は追って。
[PR]
by toruq | 2008-10-18 01:01 | 荒川シーバス | Comments(0)

荒川土手ポイントでシーバスを釣ってみようと思う。当然陸っぱり。一度河口まで降りたがニゴイのみシーバス掴めず。ハンドメイドでランカー釣る事と(手持ちが少なく無理臭い)塩水での釣果(荒川河口付近?)が目標


by toruq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31