埼玉県の調整池でブルーギルを釣ってみようと思ふ。2008.4.27

荒川土手シーバスの利点はなんといっても、平日の仕事後にちょろっと行ける点。
故にナイトゲーム。

真っ暗で誰っーも居ない場所でゆったりやるのは非常に心地いいのだけど、視界の良好なデイゲームの魅力も捨てがたい。

しかし、休日の昼間は子供に時間を取られるので無理。子供が飽きないくらいの時間で釣れればいいのだが、その可能性は低いし、すぐ帰ろうと言うのが相場。


じゃ、ターゲットを変えて子供に釣らせよう。


ということで以前に良く早朝バス狙いで通った穴場に、子と甥っ子を連れてブルーギルデイゲーム。

なんでもいいや、ロケーションも良いしな。


振り出しのヘラ竿に1号の道糸、ハリスが1,5号の訳の分からん仕掛け。針はカエシを潰した丸セイゴ。

ミミズ付けて、餌釣りで子等に釣らせる。
d0125359_12174935.jpg



近くで始めた家族連れが全然釣れないのは、明らかにポイントミス。
大概一箇所に纏めているみたいで、場所によっては全然釣れないが、居場所が分かれば小型だが、子供でも入れ食い状態。

5分も経たないうちにこの状態
d0125359_12334065.jpg


釣れすぎで飽きてきた子供等が、寄ってきたガチョウに気を取られる間に、バスロッドにスピナー付けて良方を狙ってみる。

アシ際に落として、ボトムを取って早巻きすると。
d0125359_1238175.jpg

手のひら一杯の良方ブルーギル。このサイズだと、結構引くので楽しい。
餌釣りだと、大型の潜む底付近に到着する前に小型がついばむのでなかなかこのサイズは釣れないのだが、ルアーならフォール中についばむ小型のアタリは無視して、大きなアタリだけにあわせれば選んで釣れる。

ちょっと楽しくなってきた頃にガチョウにも飽きた子等が、また釣りたいと戻ってきたので、餌釣りを再開させる。
餌付けと、魚を外す事に専念していると、子が釣り上げ、水面付近をパタパタと引っ張られている小ギルに黒い影がチェイスしている!

「バスだ!ちょっと貸して!!」
と子から竿を取り上げ、子等の足元に注意している暇もないので、危ないから下がってろと水際から下がらせる。

口先に針を付けたままの小ギルを泳がせるも、先程の影は見えない。

以前春先にバズベイトで大型バスを何度か上げたココ。
これだけ大量のギルが居る中で、バスに口を使わせるには、先程,子がやったように、水面付近でバタバタさせるのが正解とみて、同じように引き上げてバタバタさせると。

ス~っとまた黒い影が現れ、水面をバシャ!っと割った!

「キター!」
先調子のヘラ竿が軋む中、後方で「ボスだボスだ!」と叫ぶ子等。
ボスじゃないよバスだよ(笑)と軽く注意して魚に専念する。

50近いぞこれ。子の歓声のなか、手首を返し、竿を命一杯使いながらしばらくファイト続ける。
ハリス太くて良かったなぁなんて思っていたら、スポーンと抜けた(;´Д`)

ありゃりゃ。あせってそのまま放り込んだギル。針はギルに掛かったままで、バスには掛からず、バスの口の中でギルの口に掛かった針が抜けた。バスに針掛りするように出しとけばよかった。

子に、ギルが針を飲み込む前に釣れるようにアタリの取り方を教え、それを子がマスターしたのが裏目に出た。
ギルが針飲み込んでれば捕れたかも知れないなぁ。残念。

バズベイトも持ってきてないし、諦める。この時期のココはワームじゃ釣りづらいんだよぁ。
エスドライブかなんかのジョイントビックベイトで表層S字かませば出そうだ。

ちょっとまたバス釣りやりたくなってきた出来事でした。

子に捕食シーン見せれたのは良かった。
[PR]
by toruq | 2008-04-29 13:44 | その他の釣り | Comments(0)

荒川土手ポイントでシーバスを釣ってみようと思う。当然陸っぱり。一度河口まで降りたがニゴイのみシーバス掴めず。ハンドメイドでランカー釣る事と(手持ちが少なく無理臭い)塩水での釣果(荒川河口付近?)が目標


by toruq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30