続、テーブル天板!

ダイニングテーブルを作っております。
厚さ30ミリのタモの無垢材を頂き、表面コーティング用に水性のステイン、サンディングシーラー、水性ウレタンと刷毛を注文。
翌日には届いたのだが、水性ステインだけ納期が1週間かかると。。。

それ、一番最初に使うんですけど。。。

やっと届いたステインで色揚げし、裏にウレタン塗って、工場での作業は終わり、ここからは埃の少ない場所での作業。

一回で良いというサンディングシーラー(下地クリア塗装)を3日に分けて3回塗り、その都度#400で軽く研磨、その時点でかなりのつるピカはげ丸。

そこからいよいよウレタンクリア塗り。早朝塗って夜研磨、を5回繰り返し。
最後の研磨は#1500で行い最終塗りは薄めて薄塗りに。


変なスイッチ入っちゃって後10回くらい塗りたくなってきちゃったのだが、最終塗りから完全硬化は7日から10日とのことなので、後ろ髪ひかれながら終了。
ただ今、衣装ケースの上で硬化待ちでございます。一晩でカチカチな感じではあるが、石橋は叩いて渡ろう。
d0125359_12290451.jpg
後方のカーテンが映り込む程テラッテラ。逆に折角の無垢材がメラミンみたいでちょっと勿体ない感じ。

しかし最近の水性塗料はすげーなぁー、塗やすいし匂い皆無だし、子供が齧ったりしても平気なんだって。

刷毛塗りがちょっと心配だったのだが、上手くいってよかったー










.


[PR]
Commented by lagrima at 2016-10-25 16:48 x
相変わらず器用だねぇ〜
刷毛塗りで鏡面仕上げ、(゚д゚)!スゲ−

その方面でも食っていけるんじゃないの?
Commented by toruq at 2016-10-27 12:29
いやいや~鏡面仕上げなんてほど遠いですよー
折角の無垢材なんでオイル仕上げとかにしたかったのですが、輪ジミが出来たりするのは嫌だと注文入りまして、、、まーやってみたら楽しかったです♪

ステンレス溶接からの鏡面仕上げは得意ですよぇㇸㇸ


by toruq | 2016-10-22 12:34 | 製作 | Comments(2)

荒川土手ポイントでシーバスを釣ってみようと思う。当然陸っぱり。一度河口まで降りたがニゴイのみシーバス掴めず。ハンドメイドでランカー釣る事と(手持ちが少なく無理臭い)塩水での釣果(荒川河口付近?)が目標


by toruq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31