うなぎを釣って食らう

うなぎを釣って食らわなくなってから5年ほどか、もともと食べる為に釣っていたわけではなく、ほぼキャッチ&リリースもしくはキャッチ&飼育。

それがひょんなことから食べるようになるも、ワンシーズンのみ。確かに美味しかったが、絶滅危惧種に指定されたり、その他色々。
まぁもう食べないだろうなぁと思っていたのだが、天然ウナギのうな重を食べたいと言う猛者が現れた!
天然たって荒川だよ?と言っても怯まない猛者だ。

まーそれじゃぁいっちょ、釣って食らってみるか、一匹、二匹食らってもいろんな意味で平気かなぁと。

そして前回のウナギ釣りへ向かったわけです。

河原で旨い飯と酒を堪能してきた後の深夜なわけで、泥抜きと言うより、保存という意味で軽い飼育を考えて準備もしてあったのだが、釣り場でのウナギ入れに毎回使っていた洗濯ネットが許容量オーバーだったようで、帰宅後ウナギ瀕死の状態!
下着用の洗濯ネットだったために3重になった目の細かなネットが、4匹のウナギのヌメリで密封されていたもよう。
d0125359_1803696.jpg
この写真みてもヌラヌラと光る感じが見て取れるータマに開け閉めしてたんだけどなー


そんな訳で急遽、仕事場の流しにまな板と目打ちと包丁持ち込んで深夜のウナギ捌きスタート!ベロンベロンなのに!
d0125359_1863844.jpg
コレ×4。ベロンベロン&5、6年ぶりだがなんとかなった

熱湯を軽くかけてヌメリも取り、竹串も持ってきて串打ち開始
d0125359_1894814.jpg
d0125359_1810366.jpg

ここまで行って一枚づつラップにくるんで冷蔵庫へ。確か深夜3時くらい。くたびれたー

そして翌日、バーベキューコンロなる四角い七輪(四角で輪って)だして炭起こして、蒸し器用意して朝からウナギの蒲焼スタート!タレはね、昔作ったやつを冷凍保存してあったりするのだ。
一応解凍したあと匂いと軽い味見で毒見してみました。多分大丈夫w

焼け焼けー
d0125359_18164523.jpg
20分白焼きします。

そしてこちらへ投入
d0125359_18172996.jpg
20分蒸します。その間に次の2尾を白焼き

二組目の白焼きが終わったところで蒸し上がったうなぎをタレつけて最終仕上げ
d0125359_18195085.jpg
とっても上手に焼けました~♪

重箱を用意してうな重の出来上がり。
d0125359_18221176.jpg
いやー疲れたー効率よくやったつもりでも2時間近くかかった。ある意味前日捌いておいて良かったわぁ

お味の程はと言いますと、全くもって臭みなし!どれもフンワリと柔らかく最高に美味でした。
努力のかいが合ったうなぎ蒲焼ですが、まぁもういいかなぁ、超旨いけどー

今度は土手で焼いて食ってみようなんて、へびの人は言ってましたが、蒸し器超デケエよ?運べる?w
[PR]
Commented at 2016-07-22 12:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruq at 2016-07-22 18:27
lagrimaさん

初登場は2009年の9月ですよー

やっと釣れたー。どの魚種より大変じゃないですかw

楽しみです。
Commented by 鈴木美智男 at 2017-04-18 16:58 x
こんな風に釣って、食べたいです。でも、餌のドバがいないんです
Commented by toruq at 2017-04-20 12:26
鈴木美智男さん
コメントありがとうございます。
お返事遅くなりもうしわけありません。
ドバミミズがウナギ釣りの一番のポイントと言っても過言ではない気しますからねー
居る場所さえ分かれば大量にとれるんですが、見つけるまでが一苦労。
公園の小さな植え込みの中で落ち葉が堆積してるような場所でも居るときありますが、変質者と間違われる危険性もありw

釣果は下がる気がしますが、シマミミズ房掛けや、手長エビでも釣れますよ。やってみてください
by toruq | 2016-07-21 18:28 | うなぎ | Comments(4)

荒川土手ポイントでシーバスを釣ってみようと思う。当然陸っぱり。一度河口まで降りたがニゴイのみシーバス掴めず。ハンドメイドでランカー釣る事と(手持ちが少なく無理臭い)塩水での釣果(荒川河口付近?)が目標


by toruq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31