初!一人釣行! 埼玉県の用水路で巨鯉やヘラをノベ竿で釣ってみようとおもふ

いつもの用水路で初の試み。
待ち合わせたり、迎えに来てもらったりせず、各自勝手に現地集合というスタイルを今回はとってみました。
しかも午後の早い時間に解散という短時間釣行。

 深夜の荒川で一人寂しくシーバスを何年も釣ってきた僕だけど、ココでのヘラ鯉釣りはいつも2人で、時には3人でという、楽しさや喜びは倍に、過酷さは半分にという、釣りだけが目的でない明るく楽しいものでした。
まさに明と暗。
それ故に、深夜の土手で、研ぎ澄まされ貪欲に獲物を狙っていた狩人の本能は消され、のんびりとほのぼのと、文化的な娯楽としての釣りでした。そう今までは。

だが、今回は違う。前日の土曜日に仕事場に現れたヘビの人に早朝から行こうと誘うも彼、なんと釣り人とは思えない発言を。
「最近、朝が辛い」

なーにー!
5時6時に出発したいアタシとは違い、早くて7時、もしくは8時出発が良いとかいう始末。
うーん。コレには困った。
多少の誤差はあれど、粗ほぼ同じタイミングで現地で集合出来なければ、大きな大きな巨鯉が掛かった時取り込みはどうするんだ!
折角釣れても一人じゃ無理だよ!
と言い放つと
「大丈夫大丈夫、早朝でもジョギングしてる人達がタモ入れ手伝ってくれるって」
なんて返される

俺にそんなコミュニケーション能力はあるのだろうか・・・
そんなわけで、せいぜい6時ぐらいに出発して餌さ撒いてまってようと思うも、前夜10時に布団も潜っても楽しみで楽しみで全然寝れねえ。
最後に時計を確認したのが深夜2時、そして目覚めた時間は4時17分・・・
もう一眠りとも思ったが、俺の野生がそうはさせなかった。

鯉用に買った食パンを一枚食べ、そそくさと準備を終え出発。
だって外もう明るいんだ。

途中コンビ二に寄り現地到着なんと4時台!
d0125359_1142870.jpg

うーむ、自分でも引くほどの早朝だが、用水やホソの様子は抜群だ。生命感は凄いし何より田舎の良い香りがする。
しかしだ、彼の言っていた “ジョギングをしている人達” もまだ居ねえ・・・
ここには今、俺とお魚と小鳥達しか居ない。パラダイスっちゃーパラダイスだが・・・


裏手に回りドバミミズを掘り、一通りの準備をする。
ここでもっとも重要なのがタモの位置だ。
一節抜いたとはいえ、今だ3㍍強ある柄を伸ばしたタモを下流側に10㍍ほど行った柵に立てかけて、実釣開始。

なんと一投目からアタリが出る。幸いと言ったら語弊はあるが、乗らず。
今巨鯉釣れたらほんとに困る。
それからもチョコチョコと小さい当たりは出るも乗らず
また小さいヘラか何かかなと思っていた5時半過ぎ、今までと同じような、繊細なヘラ浮きに出た小さなアタリにビシッと合わせるとギューンと走り出す!
ギュゥィーンギュゥィーンと糸鳴りを響かせ下流側にガンガン突き進む巨鯉であろう獲物。
途中のタモ網を左手で掴み、一人ノベ竿巨鯉初対決。
野性味の強い巨鯉に数分でかなり持って行かれるも、今朝の俺もいつもの俺とは違うワイルド釣り師だ。
ベナンベナンなヘラ竿での真っ向勝負、片手だが、肘も使ってテコで巨鯉の顔を水面に出す事に成功。
左手のなっがーいタモを水面に向かわせるも、ここで問題発生!
竿が柔らかすぎて、巨鯉を水面に出すには俺が柵から少し後ろに位置取りしなければならない。
しかしそれだとタモが・・・
が、ここで後光の差した初老のジョギングご夫婦が登場。
すごーい大きーいと歓声を上げるご婦人と柵から乗り出して覗き込む旦那様。

「すいません、タモ入れしてもらっていいですか?一人じゃ無理っぽくて」
とお願いすると
「タモって何?」とのご返じ。

こ、コレですーとタモを旦那様に手渡し初対面同士の楽しいコミュニケーション開始。

「お父さん頑張ってー!」とご婦人のエールに
「任せとけ」とお父さん、巨鯉の上からタモを被せにかかるw

嫌がる鯉が水中に姿を消し、また突っ込み始める。

少し下で水面に網を入れておいて下さいとお願いし、もうワンファイト!
かなり強引に水面に引き上げ、下流側で待ってくれているタモに頭を入れる事に成功!

わーすごーい!と歓声を上げたご婦人の声を聞いた直後。なんとお父さん、80オーバーな巨鯉の入ったタモの柄を柵のトップに掛けテコで引き上げようと渾身の力を込めて柄を引き下げる!

わーありがとうございますーと無理やりタモを取り上げ、垂直気味に持ち上げる俺。
うひひ。やったぜw
しかし、ここでご婦人、お父さんすごーい!と。うん、確かに今回の主役は旦那様だ、コレだけは間違いない。アウェイとはまさにこんな事なんだろうな、と思いつつも釣り場に戻り、ご夫婦にカメラを渡し、ハイチーズ。

旦那様にも持って貰えばよかったか?
仲の良さそうな初老のご夫婦。こういうのっていいなぁと思わせてくれました。素敵。

そんなわけでドーン
d0125359_1143546.jpg
まだ5時台、ヘビの人と違い早起きなご夫婦に感謝♪

80オーバーではあったが、前回の85には届かず残念ながら記録更新とはなりませんでしたが、感慨深い嬉しい一本。
一期一会の楽しい時間でした。ありがとうございます。

日が昇り分かり易くアタリが出なくなった頃ヘビの人ノンビリ登場。
沢山の差し入れがあったので許すが、大変だったんだぞー!

前日仕事場で改造を施した彼のココ専用の装備。
d0125359_1144023.jpg
餌さ置きを外し、竿掛けをつける万力を直接設置できるように改造。
スターウォーズの戦闘機みたいにかっこよくなりました。


ここから、昼過ぎまでアタリなし。。。
子との約束があり、後ろ髪を引かれながら先に帰るアタシ。
ヘビの人はまだやるとの事なので釣れたら写真送ってね♪と言い残し帰宅。

焼肉食ってるトコでヘビの人のラインに気付く

d0125359_1144838.jpg
日が傾き始めやっとアタリがでたらしい。この位のサイズがいっぱい釣れたら楽しいね


ここは水が綺麗過ぎるようだ、一雨降って水が濁れば日中も期待できるもよう。
昨日結構降ったから来週あたり爆釣なんじゃぁないの?




x
[PR]
Commented by lagrima at 2016-06-16 12:16 x
一人釣行「 はじめてのおつかい 」をモニターで見る親のようにドキドキ & ((o(´∀`)o))ワクワク でしたね!
タモの柄テコ攻撃、無事かわせて ε-(´∀`*)ホッ
獲物もナイスサイズ ( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ
Commented by toruq at 2016-06-18 01:31
だ~れにも~♪
あー、マンネリ化しているタイトルを、一人釣行「 はじめてのおつかい 」にすれば良かった。

いや~知らない人にタモ入れ手伝ってもらう楽しさを初めて味わえました。

手伝ってもらう手前、絶対にバラせない!という緊張感もあり、かなりビビリました。

上がって良かったー♪
柄も折れなくて良かったーw
Commented by shoji-tomo at 2016-06-28 16:45
初めまして、良いサイズの鯉ですね!うらやましいです。
僕も鯉釣り好きなので色々と参考にさせていただきます★
Commented by toruq at 2016-06-29 12:20
shoji-tomoさん
はじめまして、コメントありがとうございますー
鯉良いですよね~。当初はヘラが散るから嫌だなんて思っていたのですが、ノベ竿でのやり取りの面白さに、現在は鯉メイン!みたいになってます。
今回の鯉、ナカナカのサイズですが、ココでの歴代3位なんです♪
1位は堂々メーター越えの草魚!
あれはよかったー

またいらして下さいー
by toruq | 2016-06-14 13:03 | ノベ竿コイヘラ釣行@埼玉用水 | Comments(4)

荒川土手ポイントでシーバスを釣ってみようと思う。当然陸っぱり。一度河口まで降りたがニゴイのみシーバス掴めず。ハンドメイドでランカー釣る事と(手持ちが少なく無理臭い)塩水での釣果(荒川河口付近?)が目標


by toruq
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31