3月、雨。荒川土手でシーバスを釣ってみようと思ふ。

ありがたい事にお仕事一杯頂きまして。働き貯め?稼ぎ時?なにはともあれ自由な時間がないのです。ほら、お酒も飲まなきゃいけないし。
そんなんでことごとく良さげな夜も素通りし、土手恋し夜は続く。
そんなこんなな3月9日。夕方入る筈の材料入らず、深夜のお仕事半分に!あと2時間もありゃ終わるぜ。
行くか土手!?
潮は? 大潮ー!
外は? 雨ーーー(´Д`)
いや、今日しかないぜ!と、カッパ着て出発!

2012年3月9日
荒川 シーバス
大潮
下げ

人間様以外の生き物は季節にかなり敏感。
例年よりも遅いとはいえ、家の梅の蕾も、はちきれんばかりに膨らみを増し春の訪れを感じさせるこのタイミング!行かなきゃウソだ!

雨の中、かっぱ着て泥除けのついているママチャリにまたがりヒッサビさな土手。
多少地形変わってるか?。崖っぽい場所が更に切り立ってる感じ。
川はというと朝からの雨でか多少の濁りが。

水面に生命感はないが、シーバスが入っていないとしても、この時期の荒川には、大鯉、マルタ、ニゴイなどなど、ルアーに反応する淡水魚の存在がある。
雨もあり風もあるが、幸いにも風は追い風、重心移動の無いハンドメイドルアーでもドーンとカッ飛ぶ。

小移動を繰り返しながらキャストを続けるも無反応。
折角来たけど、戻って仕事もしなくちゃならんしたっぷり時間が有るわけじゃないのだ・・・。
と、悲観し始めた頃。


ゴン!という明確なバイトにガッツり合わせを叩きこむ!ほらやっぱいたよ!
ロッドを煽り、リールを巻くと、物凄い勢いでドラグがギーと鳴り響く。
杭にね、引っかかったの。。。

明確なバイト?
そんな事言ってませんけど。

ハンドメイドルアーをまた一つ減らし、あーあーと思いながらも荒川を信じる心は折れず。

こんなに急だったかなぁと思う崖状の場所からキャストし、ぼへーとしながらリーリングしていると、ヌーというような、ぬるいバイト!?が。

おし!キタ!コレこの感じ!鯉だ鯉だ!早春の鯉はデップリ太って見栄えもいいし、初釣りの釣果には最高だぜ。
なーんて思いながらも、大鯉にしてはイマイチパワー不足かなぁ、サイズ40くらいか?ちぇ!
しかし、この場所、どうやってランディングするよ!?
ラインの先でコチラを引っ張るお魚の頭の向きに注意しながら引っ張られ引っ張りを繰り返し岸辺に寄せるとなんとココでエラ洗い!
ギャー!シーバスじゃんか!
居たのね!食ってくれたのね!と途端にド緊張。
後ろから話しかけられ、そっけない態度で振り向くとそこには意中の彼女が立っていた。そんな感じ!
いや、鯉も好きなんですが。。。。この例えいらねーか。

そんなどうでもいい話はいいとして、ランディングどうするよ!その前にエラ洗い後のスズキ君の元気な事元気な事、何度もドラグを響かせて遠くへ突っ走る!
行ったり来たりを繰り返し、何とか頭を水面に出させるも足場の悪さ絶好調w
ロッドを脇にはさみ、枯れ草の根元を掴みながら腕を伸ばしてフィッシュクリップをその口へ掛ける。
ヨシ!なんとかランディング成功するも、外がかりなフックの一つが目の近くに!早く外してあげないと!
キンキンに砥いだフック、バーブレスで良かったわ。

d0125359_19434743.jpg
カメラ壊れるぜ!というほどにビチョ濡れでしたがイマイチ伝わらない画像で残念

d0125359_23516100.jpg
60いかずとも大満足♪久々にグイグイ引っ張ってもらったわぁ~

ちゃんと帰ってからお仕事もしましたよw
で、こんな時間に更新。早く寝ろよ!
by toruq | 2012-03-10 02:39 | 荒川シーバス

荒川土手ポイントでシーバスを釣ってみようと思う。当然陸っぱり。一度河口まで降りたがニゴイのみシーバス掴めず。ハンドメイドでランカー釣る事と(手持ちが少なく無理臭い)塩水での釣果(荒川河口付近?)が目標


by toruq
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28