初釣行 管釣りフライフィッシング

もう1年以上も前、お仕事のお仲間の水面バス釣り師(水面から沈まないルアーのみで釣る人)からフライロッドとリールを託された。
その頃はまだ、荒川シーバスにどっぷり嵌っていた時期でもあり、「そこいらで釣れるんですぜエヘヘ」と写真を見せたりしてたのだ。互いに釣り好きな事が分かったことで大いに盛り上がり、最終的にはフライのポテンシャルの高さについてのお話に。
例えば野池。フローターでぐるりとルアー投げまわり釣った後に、もう一周周りながらフライでホッパー投げたりすると、また出ると言うのだ。
管釣りでもスプーンにスレまくったトラウト達が、フライの緩やかに動きに釣られまくっていた事を目にした事があったので、納得のいくお話だった。
土手でのシーバスもフライで釣れるかな~?との言葉に、フライロッドとリール貸すからやってみなよ。と。
キャスティングのテクニックも難しそうだし、もし万が一掛かったとして折れたりしたら大変だからいいですよ。
折れたら折れたで良いよ、キャスティングだってやればなんとかなる、そんなに大したもんじゃないよ。

ここで結局終わり。というのが良くある話。
しかしだ、その人は直ぐにロッドとリール、幾つかのフライを持ってやってくる。仕事のついででは無く、それだけの為にだ。
こういうのって凄く嬉しいよね、有り難く貸していただき、釣って報告ってのが礼儀でしょう!
先ずはフライフィッシングを知ることから始めなければ、といくつかのサイトを見て周り情報収集。(便利な世の中だよなぁ~敷居の高いフライフィッシングもネットで情報探すことが出来るので少しはその高さも低く)
うむ、実に大変そうだw
ロッドとリールがあるとはいえ新しい釣法だ、足りないものからそろえなければならないのだがアタシ、道具に頓着無いというか、やってみて、本当に必要なものを買いそろえていく性質なのだ。ま、使える円が限られるからなんですがね。土手シーバス始めた時は1万円持って、10フィートの竿と3000番のリールに数個のルアーナイロンラインを購入。しばらくはそれで釣ってみて、ロッドに求める性能、リールに求める性能、などなど自分でこれが必要だな~と思ってから新たに購入したのでした。釣具屋のお兄ちゃんに聞いて買えばいいんだが、それじゃぁ納得いかんのだ。素直にアドバイス受けて最初からPEライン使えば良いのに半年もナイロンで頑張ったアタシ、換えた時の飛距離の違いに愕然w

しかし、フライラインなど、代替品で済ます事が出来ないものが多いので仕方なく購入しようと思うも、近所の大型釣具店には2件ともフライ用品扱ってませんと断られる・・・
なんとか取り扱い店を探しだし購入。
d0125359_1832256.jpg
何故だか、フライタイイングのマテリアルまで数種購入♪毛ばりって巻きたいじゃん!ルアー作るよか楽でしょ。
危なくフライを巻くときに使うバイスまで買いそうになるも、ラインの驚きの値段に、バイスは我慢我慢。
25メートルで4000円弱よフライラインて、メーター単価どんだけ高いんだ。しかも、これ、下から2番目くらいの値段。高いのは1万↑だもんーひえー
d0125359_18413061.jpg
リールにラインを巻き、フライを数個巻く。そして1年以上が経過するのである・・・

そして思い立ちました11月2日の平日。休みを取って管釣りフライフィッシングへ。1年ほったらかしの期間も長いが文章の前置きまで長い。ここからが釣りのお話です。

管釣りいくなら絶対平日、混んでると釣り辛いし、なにより、ヘタッピフライキャスティングで人様の邪魔になる事は必至。
3日程前から計画していたのだが、まだ足りないものがあることに気づく。うーんこれだから、新しい釣りは大変だ。

d0125359_18521496.jpg
これが無いと始まらないでしょう、フライフィッシングは!ホントはここまでツバの出てないタイプが欲しかったのだが、早朝の低い日差しを避ける為には実用性重視で。

ん、まだ釣りの話じゃないなw

当日早朝、一応ルアータックルも持って出発。
フライフィッシィングと言えども、マーカー(目印)を使ったルースニングという釣り方。
毛ばりのウキ釣りだわね。
初キャストにドキドキうきうきするも、殆ど飛ばないヘナチョコキャスト。しかし、マーカーが馴染む前にリーダーがフワっと動く。
ビシッと合わすとナント一投目でHIT!すげーフライ♪
d0125359_18582461.jpg
見よう見まねのインチキフライ、適当なへナチョコキャストでの一投目でのフライ初物♪

これは楽しい♪
マーカーが馴染む前のフライの緩やかなフォール時にアタリが多く、ラインでのアタリを取る事に専念する前半戦。
しかも、HITする魚がなぜか大きいものばかり。
d0125359_1924132.jpg
良いお顔♪HIT後ラインを手で手繰るのも面白い。
ドラグの代わりに左手に巻き取ったラインを少し緩めたり出したりのやり取りの楽しい事楽しい事。
こりゃ新しいわ。

日が高く上りだすと、フォール時のアタリが減り、底付近を流してマーカーに小さなアタリが出るのを釣っていく。
d0125359_1954658.jpg
でっぷりしたメス!すんげー引く!

いやしかし、飛ばない事飛ばない事・・・情けないほどに見事に飛ばないw
しかし、そんな5,6メートル付近でも何とか釣れ続ける。
d0125359_1974697.jpg

今日1か!とても素敵なナイス受け口!カッコイイ!

とまぁ、管釣りなら、フライ飛ばなくても釣れますw
こりゃ、土手の草っぱらでキャストの練習しなきゃ、荒川シーバスフライ釣行は無理だな。

幼き頃、初めて自分用のリール竿買ってもらった時、土手のひろっぱにバケツを置き、ソコめがけて、ナス型オモリのみと付けたスピニングリールでもってキャスト練習してたのを思い出す。ソコに川があるのになぜか陸で練習。
釣りキチ三平観すぎだぞ少年!

しかし、練習して飛ぶようになるんだろうか。。。ソレくらい飛びませんw
あと、管釣りフライ、ちょっと釣れすぎで飽きるかな。贅沢ぅ。
[PR]
Commented by 中Z at 2011-11-22 22:35 x
旦那、自分と同じニホイがしますゼ(#^.^#)

フライは練習すれば飛ぶようになりますが
一番の練習法は教わる事ですよ。
これは独学よりも圧倒的な上達です。

管釣り、ストリームエリアでの釣だとまた趣が違いますよ☝

PS. 僕は大人になっても陸でキャストの練習していました(T_T)
Commented by toruq at 2011-11-24 12:49
中Zさん
やはり陸練組でしたか中Zさんも!
直ぐソコに川があるのに陸ってのが、!!!だったのですが、考えたら、根掛りもしないし、実践練習よりやはり効率良いですものね。

なんと!中Zさんフライもたしなんでいらっしゃいましたか。なんともはや、節操無しもココまでとはw

難しいですね~フライキャスト、直ぐ出来るだろうと高をくくっていたのですが、ナカナカどうして・・・。
現場では、「フライライン、向き逆につけたかな?」とラインのせいにしてました、が、帰ってから確認したらあってまして・・・。
それからキャストのコツ検索したりしてました。

誰か教えて!w
by toruq | 2011-11-22 19:14 | フライフィッシング | Comments(2)

荒川土手ポイントでシーバスを釣ってみようと思う。当然陸っぱり。一度河口まで降りたがニゴイのみシーバス掴めず。ハンドメイドでランカー釣る事と(手持ちが少なく無理臭い)塩水での釣果(荒川河口付近?)が目標


by toruq
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30