コウタイとも七星魚ともキャリコスネークへッドとも言う

買う(飼う)買わない(飼わない)は別として、熱帯魚屋へタイワンドジョウを探しに。
入荷量が少なく、いつでも居るというわけではなさそうなのでとりあえず様子見。
無加温飼育を考えているので、この時期に購入するのはちょいとね。でも盛り上がってしまったのだよ。

案の定、売っていなかったのだが、これまた強健種「キャリコスネークへッド」、要はコウタイを発見。
少し悩んで、購入決定!
タイワンドジョウもコウタイもスネークヘッド、どっちも「ライギョ」だ。
d0125359_17445462.jpg
袋のまま水槽内に浮かべて水温合わせ。流石にこの冬はヒーターで加温します。

恐らく10年前後は生きてくれるであろうお魚を買う(飼う)事は、子犬を飼うのと同じ位の気持ちだったりします。
わぁわぁーテンションあがるわー。
d0125359_17473548.jpg
人慣れしやすいお魚ですが、まだまだ臆病。流木に寄り添って身を隠す。早く慣れないかなぁ
d0125359_17485716.jpg
やっとこさ、泳いでいる時に撮影成功。しかしまだビクビクしてます。

冷凍赤虫をパクつき、エサ食いは良いのだが、早く、頂戴頂戴するくらいになってほしいなぁ。
[PR]
Commented by lagrima at 2010-12-27 22:50 x
【まだら模様の蛇ような頭のお魚さん】Get おめでとさんです♪
スネークヘッドっていうと、Channa【チャンナ】属が多いみたいですが、コウタイは Parachanna 属で、腹ビレが無いのが特徴とか。沖縄辺りでは帰化しているらしいですね。
新しい飼育魚を導入するとワクワクしますよね! 私もドワーフ・スネークヘッドとか気になります。
飛び出し事故に気をつけて、末長くかわいがってあげて下さい。
Commented by toruq at 2010-12-28 12:34
lagrimaさん
直訳だ(笑
実は袋から出した直後、直ぐに飛び出しました。
目の前の事だったので幸い事なきを得ましたが、恐ろしいもんです。即、アクリル板を使って、フィルター部分などを切り欠いたぴったりの蓋を作りました。
顔つきや体型はタイワンドジョウの方が好きなのですが、一期一会。
本当は細長いのより丸っこいほうが好きなのですけど。
オステオグロッスムよりスクレロパゲス、けどアジア買う経済力の無かった学生時代、ノーザンの幼魚買って、アジアアロワナは卒業制作で銅版使って作ったりしてました。
飼っちゃえば何でもカワイイんで良いのですw

来年の春先にでも飼おうと思っていたのですが、lagrimaさんとのやり取りで盛り上がっちゃってー(笑
Commented by 昔は釣り好き at 2010-12-28 16:00 x
近所のM.Aです雷魚か良いね 俺も鯰が死んでしまい
水槽の中に餌の金魚が2匹泳いでる寂しい水槽なので
雷魚育てるかな? 
Commented by toruq at 2010-12-28 23:25
わーモーチャン!昔とか付けちゃってイヤン。
あの鯰しんでしまったのね。残念ね、あんなに大きくなってたのに。
ホントはカムルチーなんか飼えると良いんだけど、奴は大きくなりすぎるからなぁ。
モーチャン、飼ってみない?また前みたくバスタブなんかで!(笑
Commented by 中Z at 2010-12-31 17:44 x
こんちは 中Z だすw

雷魚は飼ったことないのですが
ライブベイト意外は喰いますか?
バスは慣れて来ると竹輪など喰いますが(爆)

今年も楽しい記事ありがとうございました。
来年もよろしくおねがいします。
良いお年をお迎えください☆
Commented by toruq at 2011-01-02 09:27
中Zさん
明けましておめでとうございます。
昨年は中Zさんの多種多様な釣りの記事に大いに楽しませていただきました。負けないように頑張りますw
本年もよろしくおねがいします。

以前タイワンドジョウを飼った事がありますが、5㌢程の幼魚で飼ってきて、ミルワーム、乾燥赤虫で餌付け、水面に落とされたモノが餌だと認識しだした頃にカーニバル(肉食魚用飼料)を落とすとパクつきました。始めは吐き出しますが、徐々に食べるようになりました。

現在飼育中のコウタイですが、怯えてあまり前には出てきませんが、試しに放り込んだ固形飼料を忘れた頃に食べてました。
魚食虫食の魚って放り込んだ瞬間に食べるのが殆どで、時間のたった餌さに食いつく事なかったのですが。
餌さについては何でも食べる良い子ちゃんみたいです。

徐々に食べるようになる、あの工程が楽しいんですがねw
Commented by lagrima at 2011-01-02 23:50 x
あけおめで〜す。

>> 魚食虫食の魚って放り込んだ瞬間に食べるのが殆どで、時間のたった餌さに食いつく事なかったのですが
まさにその通りでして、残餌に泣かされてます。フィッシュレットっていうのを使用していますが、手入れをサボるととても臭くなるので悲しくなります。

今年もおじゃまさせて頂きますね〜
Commented by toruq at 2011-01-03 10:44
lagrimaさん明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。(特に有用な情報を今年も!)

一本ずつ放り投げるの大変なんですよね、特にサイズが大きくなってくると、カナリの量を食べますしね。表面張力で水槽に張り付いた餌なんかは食べない事多いですし・・・。
残餌は網ですくって、金魚やらの水槽へ放り込んでます。ヤツラ何でも食べるのでw
とはいえ魚食の魚は、餌やりが“ペット!”という心持ちにさせてくれて楽しいのですがね。
Commented by numazu at 2011-01-10 05:19 x
 私もコウタイを現在、無加温状態で飼育しておりますが(水温10℃ぐらい)、ちゃんと生きています。ただし、このぐらいの水温になると冬眠しているような状態になり、ほぼ摂食しないので、幼魚の段階で、この時期に無加温飼育するのは危険だと思います。(ちなみに当方の個体は20cmほどあります)
 それとエサについてですが管理のしやすさ、やコスト面・栄養価などで人工飼料がよいと思いますが、高価であるヒカリのキャットやカーニバルでなくても、低価格であるランチュウベビーゴールドでもよく餌付きます。
Commented by toruq at 2011-01-11 09:06
numazuさん
コメントありがとうございます。
現在22度設定で飼育中です。
1/3に割ったカーニバルを腹をパンパンにするまで食べています。
コウタイは初めて飼育するのですが、食欲旺盛で餌付くのも早くとても飼い易い魚ですね。
サイズも飼い易い!
体が出来上がるまでは加温してしっかり餌を食べさせたいと思います。
ランチュウベビーゴールドも良いのですね。
ナイスな情報ありがとうございます。
以前らんちゅうも青水で飼育していたのですが、「ベビーゴールド」なんて単語を見るとそっちもウズウズしてきます(笑

またぜひいらして下さい。
Commented by 中Z at 2011-04-21 12:41 x
そろそろ、冬眠から覚めてませんか?
ブログの更新楽しみに待ってま~す★
Commented by toruq at 2011-04-25 12:31
中Zさん
ご無沙汰しちゃってます!
コメントありがとうございます。
冬眠ってコウタイ?それともアタシ!?
コウタイ君はかなりサイズUPしましたよ。
地震で結構な被害受けましたが、元気に泳いでます。(水槽倒れPCに水被る!ぎゃー)

そろそろ釣りも行きたい所です。GWに毎年恒例のヘラ、鯉行く予定です!
中Zさんのブログは年中見させてもらってます♪
Commented by 中Z at 2011-04-25 20:11 x
冬眠はtoruqさんの事だぎゃーwww

今週末辺りからヘラはノッ込み始まりそうな感じ❤
楽しんで来て下さいね。
Commented by toruq at 2011-05-09 17:26
中Zさん
長かった冬眠から覚めましたw

しかし、しばらくほったらかしにしていた世のお魚達はそっぽ向いたきりコッチ見てくれませんwもー
Commented by numazu at 2011-06-12 14:51 x
 お久しぶりです。
 私もコウタイを飼育中ですが、今では100円ショップで販売されている金魚のエサや、亀のエサ(ともに浮上性タイプ)でも食べるようになりました。おそらく2-3日絶食させてから、与えれば、肉食性のエサならほとんど何でも食べるような気がします。
 ちなみに、私はウナギも、鉛筆サイズの頃から水槽飼育しておりますが、こちらも大変人慣れして、水槽近くに人影が写ると、エサくれダンスを行います。釣りで捕獲されたサイズのウナギでは、人慣れせず、人工飼料も食べないと思いますが、鉛筆サイズぐらいから水槽飼育を行うと、人慣れし、しかも浮上性の金魚のエサでもよろこんで食べます。
 ウナギもかわいらしく、大変飼い易いので、機会があれば、飼育されてみては、いかがでしょう。
Commented by toruq at 2011-06-14 12:39
numazuさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
numazuさんの所のコウタイも良い子のようですね、この魚種みなそうなら、ホントに飼いやすいお勧め魚種だ。もっと人気あっても良さそうなのに。
いろいろ飼っておられるのですね!
ウナギも慣れるのなら良いですね!しかも餌が素敵♪♪
何年か前に釣ったウナギをしばらく飼育していましたが、テナガエビやハゼを食べてはいたようですが、捕食シーンは一度も見れず!
ツマラナイし可哀想なので、まとめて荒川に逃がしてきました。
やっぱり魚は小さな時から飼うのが醍醐味ですね。

こないだ荒川産ではないですがウナギが大量に釣れ、小さいのも混じりましたが、食用サイズ以外は逃がしてきちゃいました・・・
次、小さいの釣れたら飼ってみようかしら♪
Commented by numazu at 2011-06-15 01:51 x
 ウナギは、小さいサイズだと地方ごとに細かな法的規制があると思いますが、そのことはひとまず置いとくとして、河口付近の干潮時に川底が水面上に出るくらいの場所で、川底を泥ごとタモで掬えば、結構高い確率でウナギを捕獲できると思います。特に今の時期ならシラスウナギがやや大きくなったミニウナギが採れると思います。
 飼育方法としては、人工飼料を食べられるぐらいの大きさになるまで冷凍赤虫を与え、ウナギの口サイズがある程度まで大きくなったら人工飼料に移行させます。ただ、いきなり人工飼料を与えても食べないので、数日間絶食させて、なおかつ人工飼料に赤虫の体液を染み込ませてから与えると食べるようになると思います。この段階では小粒で沈下性の金魚エサがよいですが、鉛筆サイズぐらいまで大きくなれば、浮上性の金魚エサでもよく食べるようになります。
 以上のような飼い方で大丈夫だと思いますが、私は最初は衣装ケースで飼育していましたが、鉛筆サイズになってからは水槽飼育に移行させました。
 ウナギもコウタイ同様に、かなり長寿でしかも頑丈な魚なので、大げさではありますが、犬・猫のように生活の相棒にもなりうる生き物だと思います。
Commented by toruq at 2011-06-18 18:24
numazuさん
河口の干潟でうなぎ捕獲ー!わぁーなんて素敵な遊び!
どストライクだわー超やりたい!
ただ河口遠いんですよねー・・・一度しか行った事ないのです。
こっちには居ないかなぁ。
飼育方詳しくありがとうございます!
こっちもどストライク!
ガラスを隔てて飼育する魚類と仲良くなれる飼育方は良いですね。
スキンシップは水換えの時ぐらいだしー
ランチュウは年中、手で持って(水中で)状態確認してたりしましたが。あれもいいんですよね~

哺乳類=魚類の構図は同感です!w
Commented by numazu at 2011-06-18 21:20 x
 私の住む沼津・三島地域では、街中に清流が流れている所があるのですが、夜間に川底をライトで照らしてみたら大ウナギ発見なんてこともありました。しかし、さすがにミニウナギは上流部で見たことはありません。
 もしかしたら、ある程度上流部でもミニウナギが生息しているかも知れませんが、確実に捕獲するならやはり、河口付近でないとダメだと思います。
 もちろん河口付近で、なおかつ小規模河川の満潮時なら、ほとんど季節を問わずにウナギが釣れるでしょう。(私も狩野川河口付近やそれ以外の小河川の河口でもウナギ釣りをしましたが、小河川の方がポイントを絞りやすく、大河川で釣るよりも多く釣りあげることができました)

 それとミニウナギなら案外、近所のペットショップなんかで売られていたりするので、それを購入するのもいいかも知れません。私の自宅近隣のペットショップでも2店舗で1匹400円程度で売られていました。
 他にもネット通販でも売られていますし、ヤフーオークションでも出品されていたりするので、興味がおありなら、そちらもチェックしてみてはいかがでしょうか
Commented by toruq at 2011-06-21 12:30
numazuさん
なるほど、お名前は地名からきたという訳ですね☆(そこはどうでもいい?w)

よく、釣りの本などに、ウナギの寝床に直接、餌をつけた針を放り込んでくわえたら引っ張り出す。みたいな釣り方が載っていて、「はて、一体全体何処でそんな釣り方すんだろな?」と幼き頃から不思議に思っていたのですが、numazuさんの近隣にそのような場所があるのですね!うらやましい!
稚魚捕獲法も、知らなければ思いつきもしないようなやり方で興味深々。ありがとうございます。

ウナギ稚魚、お店で見たことあります。
どうせ長く生きないんだろうなぁと(海が絡む魚は生涯飼育できないものだと)思ってみていました。
それがよもや、金魚の餌にまで餌付くとは!うずうずうず♪
でも出来れば自分で捕りたいものですね。

あ、地震で水槽が倒れたりで、水槽の数を減らせ!との昨今。
風当たりが強くなりそうでこわひ!
あんまり刺激しないでくださーい。我慢出来なくなっちゃう(笑)
Commented by numazu at 2011-06-22 18:07 x
 ウナギの生態は、ご存知のようにシラスウナギから性成熟するまで河川で住ごします。それゆえ、純淡水の水槽飼育でも10年程度は飼うことができるようです。

 ちなみに、去年のゴールデンウィーク時には、まだ鉛筆程度のサイズだったウナギが、現在では、もう少しで蒲焼で食べられるぐらいのサイズまで成長しました。
 この個体は非常に人慣れしたやつで、人影を見るとエサ欲しさに踊りだすのですが、食欲は底なしで、いくらでもエサをがっつくといった感じです。
 ちなみに、最近アマガエルをエサとして与えてみましたら、ウナギもコウタイも喜んで食べておりました。(ウナギは一度に3匹のカエルを、コウタイは2匹を食べました)
Commented by toruq at 2011-06-24 01:01
numazuさん
よくよく考えてみれば、淡水で養殖しているのですから、淡水水槽飼育でも稚魚からそれなりに飼える事はわかりますね。海絡みとはいえ、産卵以外は関係なさそうですし。
チャレンジ精神の乏しい性格故の思い込みでした。イカンイカン。
私の住んでいる地域の河川にも、海から遠くまで上って来てくれる素敵な魚達が居て、そのどれもが飼育には向いていないんだろうなぁと思っていたのですが、実は去年の夏に釣ってきたマハゼの稚魚が未だ生きていて、尚且つ金魚の餌を食べて12、3センチまで成長していたりします。うむ、灯台下暗し。

しかし、鉛筆サイズが一年で蒲焼クラスまで成長するとは驚きです!特別大きな飼育水槽を使っていたり生簀飼育というわけではないのですよね?
食うために蓄養しようかしらw
一年も飼った魚食べれる程肝据わってないですけど(笑)

カエル!
捕まえてきてあげてみようかしら!
飼っちゃいそうな自分が怖ひ!(昔飼ってたノーザンバラムンディの餌用に買ってきたドジョウ、寸前で可哀想になり金魚の水槽にw未だ生きてる奇跡。

あーウナギ稚魚ホントに欲しくなってきたーやべー

by toruq | 2010-12-27 17:50 | 飼育 | Comments(22)

荒川土手ポイントでシーバスを釣ってみようと思う。当然陸っぱり。一度河口まで降りたがニゴイのみシーバス掴めず。ハンドメイドでランカー釣る事と(手持ちが少なく無理臭い)塩水での釣果(荒川河口付近?)が目標


by toruq
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30