2010.6.28 荒川 シーバス

2010.6.28 荒川 シーバス
好調だった先週の上げ潮。
同じ水位で下げ潮になる今夜、ベイトの少ない本命ポイントを捨て、新規と言うほど離れてはいないが別場所に入ってみる。
夕方のにわか雨で高まった湿度+無風状態の河川敷は、濃い霧に包まれ見た目はとっても幻想的。
しかし不快指数は非常に高い。
荒川の夜は、真夏でも大概風が心地良いのだが、こんな日もあるのよね。

少しずつ移動しながら何度かキャストするも、無反応な上にライントラブル。
無風でライントラブルかよ~とお思いかもしれませんが、風が多少でもあると、糸ふけを風に乗せてから巻き始める事でテンションを掛けながら巻き始める事が出来るのですが、今夜はソレが出来ない。
ちょっと甘いかな~と思って巻き取った後の2投目ほどでドババババ~と纏めて飛んでいくライン。
霧の立ち込める川岸で絡まったラインを解くこと数分?
やっとのことで解けたラインを巻き取り、始めに入った場所に戻って2,3投目。

コツン!という小さなバイトと同時にバシャバシャと小さなエラ洗い!
わーい居た居たーと喜びながら寄せるも、想像通りのセイゴちゃん。
杭の間を通すのが難しそうだったので、多少強引に抜き上げようと試みると、お魚掛けたまま水上に突出した杭にルアーが引っかかり、そこで暴れるセイゴちゃん。

なんだかエライ事になっちゃっているのだが、バレずにぶら下がるお魚。
長靴の長さよりも深い水深なのだが、そんなことは気にしてられず、バシャバシャと川中へ。
杭からは簡単に外れたのだが、#2のフロントフックはお魚のお口いっぱいに掛かり、#4のリアフックは不味い事にエラの中へ。
出血もしていた為に、先ずは水中に漬けて蘇生を試みるも、どうしても腹を上にしてしまう。
見る間に悪くなる体色を見て一つの覚悟をきめ、取り合えず写真撮影。
d0125359_0392516.jpg

25センチジャスト。小さくとも釣れれば嬉しい。今回カメラが違うのだが、画素数は少ないのに写りはコッチのがいいなぁ
d0125359_0414952.jpg

頂いたTシャツサイズぴったりでした。素早く手にとって良かったわ。早いもの勝ちよ。うふふ

写真でみると既に大分色褪せてみえるセイゴちゃん。
撮影時にはまだ息はあったのですが、ラインカット用のハサミをエラに入れ〆る。
アタシ土手のシーバス食ってみます!
こないだ友人とのメールで、お魚の話になり(かなり一方的だった気もするが(笑)釣った魚は、逃がすならまた遊んでねと優しくリリース、飼うならちゃんと面倒みます、食うなら残さず頂きます。と書いたばかりだった。

今回優しく逃がす事が出来なかったので、残さず頂きますの方向へ行ってみようと。
25センチくらいのなら、なんとか食べられるんではないかなぁ。
荒川大分綺麗だしね。

というわけで、お魚ぶら下げて急いで帰宅。
鱗取って、腹割いて、の深夜0時過ぎ。
d0125359_0575110.jpg

取り合えず日本酒かけてビニール袋に空気入れないように包んでチルド室へ。

ウナギの前にシーバス食べる事になりました。
明日調理!
by toruq | 2010-06-29 00:58 | 荒川シーバス

荒川土手ポイントでシーバスを釣ってみようと思う。当然陸っぱり。一度河口まで降りたがニゴイのみシーバス掴めず。ハンドメイドでランカー釣る事と(手持ちが少なく無理臭い)塩水での釣果(荒川河口付近?)が目標


by toruq
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28