続き SHINKIBA JUNCTION 2009 "また倶知安じゃないジャン

続き SHINKIBA JUNCTION 2009 "また倶知安じゃないジャン

真心ブラザーズ終了後、メインステージを抜け、ロビーのバーカウンターでドリンクチケットを使う。袖の重い、びっちょびちょだったTシャツも程よく乾き始める。
大分と水分を放出した乾ききった体に生ビールは非常にキク。
カウンターでビール飲みながらタバコをふかし壁面上部の巨大モニターを眺めると、映し出されるのはテントステージでライブ中の具知安乃風
民生とスパゴー八熊さん、ビートモーターズのVoの子!(声は知ってるんだが名が)
見慣れたラッパーの衣装で、タオル振り回すキビ旦那こと民生さん。
北海道具知安の名産を取りいれた名前
スパゴー八熊さんは芋旦那だったかな。
3人が3人とも独特ないい声の持ち主で豪華だわぁなんて話ながら、でも今行っても見えねえだろうなぁな~とモニターで我慢、我慢。
GDGDなリズムのラップに笑い、民生一応スクラッチしてるよー!と笑い、演奏始まったらラップじゃなくて替え歌オンパレードなのに笑う。うははおもしろー。

港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカはニセコのヨーコ函館の上くちゃ~んだって。
こんなんでもとってもイイ声は冴え渡る。
ザ、ビートモーターズの曲を一曲やったのだが、Voの秋葉君(調べた)ナイスな歌声とは裏腹にMCが謙虚で非常に好感触!ギャップってのは何事にも大事だ。うんうん。

するとなによ、後ろからもう一人きたぞ。
今すっかり虜なこの人、真心のYO-KINGが着替えて出てきたー
名前はYUKI旦那だって!わはは

どうするよ?行く?と横を見ると、既にカウンターから離れ行く気マンマンな娘が一人。
カウンターのイイ位置を捨てて、満員のテントステージに向かうのは冒険に近いが、やっぱちょっとでも生で観ときたいものね。
ダッシュダッシュ。
d0125359_20171122.jpg


テントステージは後ろまで一杯だが、広くは無い為に背伸びで何とかチョロりと見える。
d0125359_2327092.jpg
(これまた原田さんのブログから)
おぉ!来てよかったじゃん!一応見えるわー。
勝手にシンドバッドはシンキバットなんだって!
「広島がみえてきた~♪EBIの家も近い~♪」
あはは、イイ声で何やってんだか。
しかし、スパゴーの八熊さん。ひっさびさに見たが(生は初)いい歳の取り方してる。民生もそうだが今のがカッコイイね。
終始笑いながら終了。
なんだか出演者皆が楽しそうで嬉しい。
バンドってのは仲良しで楽しそうでなけりゃダメね、

続いてメインステージにもどりTRICERATOPSを待つ。
昨夜飲んだ友人に学生時代半ば強制的に聞かされていたトライセラ。
車に乗れば必ずかかっていたし、貸した金の返済はCDだった(あれはジュンスカとBAKUだったか。ヒデーなw)みなとみらいチャンとifやってくれたらいいね~と話ていたのだがやってくれず。
Raspberryはやってくれたので満足。

真心、具知安乃風の後なので非常にマジメにやってる感じがしました。
MCが若いのよね~トライセラの和田くん。
横で和田君かわいい和田君とかわいいと連呼しているのも居たが、平野レミは平気でも息子のMCには馴染めない俺。
民生見てかわいい。トライセラ見てかわいい。節操ないな~なんでもいいのか~と言うと共通点はタレ目なんですと。
集え全国のタレ目諸君。連絡くれればこっそりメルアド教えます。わはは。

TRICERATOPSを終え、一旦外へ、モニターでデトロイト出身でも7人組みでも無いdetroit7 を見る。
男前なVo!(女性)うんカッコイイね。
しっかし野外のスピーカーからもテントステージからも轟音響き渡っているんですが、このアタリだと問題ないのね。
ここで納得新木場にライブハウスってそういうことね。

つーか、お昼のおかゆカレーはとうに消化し消費しているもんで、腹ペコのうえクタクタ。
一足先に会場を後にしたのでした。
d0125359_0124435.jpg

スパゴーでは民生とTHE BAND HAS NO NAME、阿部bとABEX GoGoやったみたい!

しっかし楽しかった!すんごい贅沢な時間!
[PR]
by toruq | 2009-09-25 00:16 | ユニコーン | Comments(0)

荒川土手ポイントでシーバスを釣ってみようと思う。当然陸っぱり。一度河口まで降りたがニゴイのみシーバス掴めず。ハンドメイドでランカー釣る事と(手持ちが少なく無理臭い)塩水での釣果(荒川河口付近?)が目標


by toruq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30